業界最古の歴史を誇る不動産業者団体60年の歴史と実績で不動産経営をサポートします。

不動産の取引ならうさぎマークの当店まで
(公社)全日本不動産協会は、宅地建物取引業法が公布された昭和27年に、建設大臣(現国土交通大臣)の許可を受けて設立されました。設立以来、約60年の間、社会への貢献と業界の健全な発展に寄与するよう活動しています。
一方、消費者保護を目的として設立された(公社)不動産保証協会は、会員に対する消費者等からの苦情解決、取引で生じた債権に対する弁済業務、会員に対する研修業務等を着実に行っています。両協会は、長年の歴史と実績で、会員の不動産業経営を、あらゆる方面からサポートします。
  1. 営業保証金の供託を軽減

    当協会会員なら、この営業保証金は不要です。保証協会に「弁済業務保証金分担金」として、「主たる事務所60万円」を納付すれば、営業保証金の供託が免除されます。
  2. 国土交通大臣指定の
    「レインズ」に加盟

    当本部へ入会するとレインズが利用可能です。レインズを利用すれば、他社の物件情報を簡単に入手でき、自社の物件情報を広く公開することが可能です。
  3. 協会独自の各種書式を
    無料ダウンロード

    宅地建物取引業法で定められている従業者証明書や報酬額票、業務に欠かせない媒介契約書、売買・賃貸の各種契約書、重要事項説明書等、HPからダウンロードすることができます。
  4. 様々な教育研修を実施

    法定研修会等の研修会を実施し、研修会を通じて、会員の資質の向上を常に図っています。
  5. 住宅ローンアドバイザー
    養成講座

    住宅ローンが多様化、複雑化する中で、住宅購入予定者に対して公平な立場で正確な情報とアドバイスを提供する専門家の育成を目的としています。
  6. 相談窓口の開設

    梅田総合法律事務所との間で顧問弁護士契約を締結しています。
    又、税理士、司法書士にもメールで相談が可能です。
  7. 不動産業界の動向を
    いち早くお届け

    総本部発行の会報誌「月刊不動産」で、最新の法令改正等を発信しています。
  8. 全日本不動産住宅
    ローンのご提供

    当協会では、「全日本不動産住宅ローン」をご提供いたしております。当会員が販売又は仲介する住宅を購入されるお客様に限定して提供できるローン商品ですので、営業上のアピールポイントにできます。
  9. 不動産流通高度情報化
    システム「ZeNNET」

    ZeNNETに物件登録すれば、ホームページを通じて、消費者に自社物件を発信することが出来ます。又、民間サイトへ物件を掲載することも可能です。